口火マニアの話

ねーぇ、うちのダンナったらさ、また口火点けっぱなしでねちゃっ
たのヨ

あら、うちもよ。やーねー、使いもしないのにつけっぱなしで
ほんともったえないったらありゃしない。

使い終わったらさっさと消せばいいのよねぇ
昔みたいに口火点けるのにもマッチがいるとかならまだしも。

使う時にちょっとスイッチいじるだけじゃないの。
それなのに蛇口ひねったらすぐお湯が出ないといやだとか
だいたいこの季節にお湯を使うなんて方がどーかしてると思うわ

そうそう、口火っていえばぁ、山田さんとこのご主人、夜中に
一人で外に出て湯沸器の口火をじっとみてるんですってよ

えーーほんとに?
それってかなりアブナイんじゃないの?やーねぇ。

でね、でね、その先がすごいのよ、今日ね「口火愛好家の集い」
に行ってるらしいのよ

なによそれ
新手の詐欺か宗教じゃないの?

うーん、わかんないんだけどぉ、やっぱり口火用品とか買わされて
るみたい。

口火用品???
世も末ねぇうちも注意しなくちゃ・・・



そのころ口火愛好家の集いの会場では・・・

いやー口火はいいねぇ

そーだねぇ、口火がついてればすぐお湯が出るし。

口火が点いてなかったために水をかぶった事が何回あったことか!

そーそー、そんな時は口火の有り難さをヒシヒシ感じるよねぇ

メインバーナーなんて言って威張ってたって口火がついてなけりゃなんもできないんだ

そーそー、その点口火はエライよな、わき役に徹して文句も言わず・・・

なのにうちの女房は「お湯も沸かせないのにガスだけ浪費してる」なんて言うんですよ

浪費はひどいなぁ、口火だって細々と湯沸器の中をあたためてるのに。

奥さんはきっと湯沸器の中でついている口火を見た事が無いんだろう

そーだねー、最近は湯沸器が外にあるからねー

一度湯沸器の中の口火の姿を見せてあげたいね。

うん、あの姿を見れば口火がどんな思いでついているのかきっと分かってくれるよ。

いやーそれが、こないだ見せたんだけどさ、夜中に起こして口火がなんなの?私と口火と

どっちが大切なのよとか怒っちゃってさぁ

そーかぁ、なかなか難しいなぁ



えー、みなさん大変お待たせいたしました。
これから口火用品のカタログ販売の申込み受付を行います。
今回はスイッチを切っても口火が消えない「クチビキープ」と、
ガスが止まった時もカセットボンベを付けるだけで口火だけを確保する
「スーパークチビキープ」が大変お買い得になっております。
なお、この申込みの終了後、みなさんお待ちかねの「口火点火ツアー」に
出発しますので15:00迄には会場前の駐車場にお集まりください。



「ただいま」

「あー疲れた」

「あーっ、ガスつけっぱなしぃー」

「げげ」

「もったいない・・・」

「口火愛好家の仕業だな、今朝は確かに消したもん」

「全く迷惑ねー、ガス代誰が払うのよ」

「あいつらは家の人が帰ってきたらすぐにお湯が使えるようにと思ってやってるんだからなーまいっちゃうよな」

じんじんはカチッと湯沸器のスイッチをOFFにした。

しかし玄関の外では一人の口火マニアが湯沸器を覗き込んでニヤニヤしていた。

「フッフッフ、消えない消えない。私がクチビキープを取り付けたとは、おてんと様でも気づくまい。クックック・・・」

posted by Jinjin at 2006年02月10日_22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | テキスト小作品 
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/333820