コインランドリーにて(London)

世界二周の旅、現在二周目のLondon滞在中です。Londonについて一週間経ってやっと時差ボケが解消されてきました。今日は、いつも行っているコインランドリーに洗濯しに行ったのですが、ハズレの機械を使ってしまい4ポンド損しました・・・

このコインランドリーの洗濯機を初めて使った時も、インストラクションを良く見ないで適当に使ったために、まともに洗えなかったのですが、今回は事情が違います。ワタシハワルクナーイ!!

ここの洗濯機は、メインウオッシュの前にプリウオッシュという謎の工程があります。初めて来た時はソレを知らずにプリウオッシュの時に洗剤投入してしまったのでした。

jobs.jpg

洗剤の投入口はABに分かれており、メインウオッシュはBに投入しなければならないのですが、プリウオッシュなんてものがあるとは思ってなかったのでAの所に水が出た時に洗剤を入れてしまった、というわけです。

inst.jpg

A_B_C-1.jpg

さて、今日は何がおきたかというと・・・まず、Bの所に水が出てこなかったのです。
上記の様な失敗は初回だけで、ずっと(先月も)ちゃんと洗濯できていたのですが・・・

今日は洗剤の入れ口を開けるとBの所にベタベタに固まった粉洗剤が入っていました。なんじゃこりゃ、と思ったのと同時にイヤな予感もしたのですが、すでに洗濯は開始してしまっているので、その固まった洗剤の上に自分の洗剤を入れプリウオッシュが終わるのを待ちました。
が、メインウオッシュになっても水が出てません。もう洗濯機はメインウオッシュしてるつもりでドラムを動かし初めています。

店員に声かけて見てもらうと、店員は水温設定ボタンをガシガシと操作(笑)。するとAの所から水が出始めました。あれ? Bはどうなってんだ? 店員はあわてて紙コップを持ってくるとAの所を流れている水をすくい、Bに用意された洗剤を流し、これでOK、とまたカウンターに戻って行きました。OKなのか!?(笑)

なんかいつもと違うので、ずっと様子を見ていたのですが、次は、なんとすすぎの水が出ません! おかしいなと思っているうちに脱水・・・最後のすすぎに・・・これはいくらなんでも・・・と思いまた店員を呼んできたのですが、今度は水が出ています。店員は「出てるじゃん。この機械動きスローリィだから慌てないで」と、またカウンターに帰っていきました。

いやいやいや、水無かったよ、初回のすすぎ! でも、この段階でクレームしても絶対に信じてもらえません。事実、目の前で2回目の濯ぎの水は出ているのです。

一通り最後の脱水まで終わらせましたが、やはりすすぎが足りておらず、洗濯機のドラムもまだ洗剤でぬめっていました・・・仕方なく、別の洗濯機に移してもう一度洗剤無しで洗濯することにしました。4ポンド余計にかかったのはコレです。でもドレがまともに動くかはわかりません。とりあえず一番はじっこが空いていたのでそれで洗濯を開始しました。

最初の洗濯機でのBから水出ない事象が気になり、洗剤は入れませんが洗剤投入口の水流を観察してみたところ、その機械もプリウオッシュ、メインウオッシュともにAから水が出ていました・・・なんなんだ!?

メインウオッシュでは、まるで洗剤を投入したかのように美しく泡立ちしていました(笑) 4ポンド追加投資したかいはあった様です。で、幸い、すすぎも2回とも水が出てくれました。まあ今回は全工程すすぎなんですけど(笑)

で、やっぱり Bから水が出ない事象が気になり、隣の洗濯機が空いたタイミングで洗剤投入口を開けてみたら・・・

A_B_C-2.jpg

(笑)

前のお客さん、水洗いしか出来てないっぽいです。
なんなんだろう、3台でBから水出ないというのは設定変えたのかなぁ。
って、そういう話を正確に聞き出すだけの英会話能力が無い(というか聞き出すのにエネルギーを要する)ので店員には聞きませんでしたけど。だいたい、最初のマシンで店員もBからの水を期待していたわけで、聞いてもムダでしょうね。

乾燥の方は無事、いつもどおり動いてくれました。良かった。
posted by Jinjin at 2011年09月11日_21:18 | Comment(4) | 出張ネタ
プリウオッシュなんてものがあるとは思ってなくてAに洗剤を入れる人続出だから
全部Aから水が出る仕様に変更されてたとか・・・(笑)
Posted by MIMI at 2011年09月11日 22:15
>MIMI3
私もそうかなーと思ったんだけど、そんなに新しいコインランドリーでもないのに、なぜ今になって!?とか、だったらインストラクションに注意書き貼っとけ!!とか…答えの無い疑問や怒りがうまれるだけなのでやめました(笑)
Posted by じんじんさん@London at 2011年09月11日 23:05
 Prewash…日本語だと「予洗い」と言ったりしますね。

 昔ながらの粉石鹸などの洗浄力が弱いと思ったことはないし、日本の水では石鹸が溶けにくいということはほとんどないけれど、少し前までは、粉石鹸で洗う前に、水やぬるま湯だけで一度洗った方が水溶性の汚れが落ちてより綺麗になるので、予洗いをした方が良い、と書いてあるところ(どこ?^^;;)がありました。

 今の合成石鹸だと、硬水であっても洗浄力は問題なさそうですが、水溶性の汚れを軽く先に落とすために、ぬるま湯で予洗いするモードがあるのかも知れませんね。

 しっかし、どういう作りになってるんだ!?
 わっかりにく〜い!ムキ〜!!!(▼_▼メ)
Posted by 日蝕貧乏知恵者猫 at 2011年09月11日 23:36
>猫さん
過去、パリ、リヨン、デュッセルドルフ、マドリード、ロンドンの以前泊まってたホテルの近くでもプリウオッシュの無い洗濯機ばかりだったのですよ〜。ここは機械が古いのは確か(コインの入れ口の構造とかから推測)なので、昔ながらのプリウオッシュがあった、ということなのかもしれません。
でも先月までは確かにインストラクション通り、Bの所に水が出てたんですよ〜私が持ってた洗剤がタブレットタイプだったので指で崩しながら水流に入れたし間違いないハズ。(笑)
Posted by じんじんさん@London at 2011年09月11日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: