2012(夏)北海道

久しぶりに道東→札幌を走りました。

8月4日土曜日、自宅→羽田→釧路→弟子屈
夕方の便にて釧路入り。鶴居、中オソツベツ経由で常宿「鱒や」さんへ。夏にこのルートを走ったのは久しぶりでしたが、釧路市内経由のR391ルートより快適でした。

tancho.jpg

masuya.jpg


8月5日日曜日、知床周辺ウロウロ

まずは清里、斜里で直線道路見物。
st_kiyosato.jpg
この清里直線は道道857。晴れていれば海に突っ込む様な感じで見えるらしい。

st_shari.jpg
こちらの斜里直線は枝道とR334のセットで27kmという見通せる直線としてはもしかして日本一かも、な所です。
27km.jpg

dodo1000.jpg
途中、道道1000号も走りました。1号は小樽にあります。キリ番の丁度1024号は北見あたり。

shari_shuen.jpg
20年くらい前に初めて北海道をバイクで走った時から気になっていた朱円環状土籬にも寄ってみましたが、ま、遺跡だね・・・って感じ(笑)写真だと更にわかんないな。

sire_heisa.jpg
ウトロでウニイクラ丼食ってオシンコシンの滝を経由(戻って)して知床五湖へ。新しく高架木道が出来てから来るのは初めてです。高架木道以外の遊歩道は熊さん出没で閉鎖中でした。

sire1.jpg
で、木道で一湖のみ訪問。ついた頃、木道から熊が見えたとみんながザワついてましたが私らは見られず・・・

sika.jpg
鹿の親子だけは間近に見ることができましたが、知床の鹿の多さは以前にも増してすごいことになってる感が・・・夕暮れ時でもこんなにたくさん見なかったゾというくらいたくさん居ました。民家の横とかも。

aidomari_hoppo.jpg
せっかく知床に来たので、羅臼側も行ける北端(相泊)まで行ってみました。このあたりから国後島を見ると地元感情的に「あれがロシア」というのはどうにも納得イカンだろうなぁという距離ですね。

aidomari.jpg
夏の間だけ屋根と壁が出来る相泊温泉も見てきました。女湯/男湯間は以前の様にツーツーではなくて岩を積んで行き来しづらくしてありました。ここは、中に棚もあるし、このテの温泉の中では難易度低いタイプですね。結構お薦め。

この時点で17:30。鱒やさんに着いたのは19:15でした・・・夕飯に遅刻してしまってごめんなさい。開陽通過時はもう真っ暗で、聖地は素通り(笑) 道東行って、聖地寄らなかったのは初ですな・・・


8月6日月曜日 弟子屈→阿寒湖→層雲峡
天気悪いまま弟子屈をあとに、まずは阿寒湖へ。

penketo.jpg
途中、双湖台にてペンケトーが北海道の形をしていることを確認する作業。ペンケトーとパンケトーはセットで呼ばれることが多いので、どっちがどっちだかいつもわかんなくなります。

marimo.jpg
阿寒湖も何度か来ているのですが、わざわざ遊覧船に乗らないと天然まりもを見られないのでずっとスルーしていました。子供連れての旅行は、こうして過去スルーしてきた名物を見るチャンスでもあります。

onneto.jpg
阿寒湖のあと、オンネトーへ。この時間だけ雲が切れてくれて雌阿寒岳と阿寒富士が見えました。

足寄からR241で三国峠に向かう途中、国鉄士幌線のコンクリート橋梁が見られます。当初、有名なタウシュベツ川橋梁だけ対岸から眺める予定だったのですが、途中の橋もPが整備されていたりしたので寄ってみました。

3nosawa.jpg
三の沢橋梁。ここは橋梁も渡れて湖畔まで降りる道までついていました。

taushubetsu.jpg
タウシュベツ川橋梁。またも撃沈状態。夏はダメっぽいです。今は橋の横への林道が閉鎖されているのでこうして対岸から眺めることしかできなくなってしまいました。

sihoro.jpg
遊歩道として整備されている線路跡。しかし周囲一帯はヒグマ出没危険地帯・・・罠ですか!?

otosara5.jpg
第五音更川橋梁。左側の小アーチが葉っぱで隠れてしまってて残念・・・
他にもいくつかあるのですが、ちゃんとまわる計画にしてなかったのでこれだけ。

mikuni.jpg
三国峠からの樹海も雲に阻まれて広大さ加減は楽しめませんでしたが、イイカンジの雰囲気ではありました。


8月7日火曜日 層雲峡→旭山動物園→滝川
この日はほぼ旭山動物園だけ。前回、冬に行った時に見てない動物を中心に見物。
チンパンジーのタイヤ芸が面白かった。あと、カラス、スズメ、が飼われているという発見も(笑)

kapi.jpg
カピバラくん

ressa.jpg
レッサーパンダくん

kyon.jpg
きょん(笑)


8月8日滝川→北竜→芦別→札幌

滝川ではKATSUさんちにお世話になりました。子供達が来るということで花火まで用意してくれていて、孫を待つ祖父の気分だったようで(笑)
yagi.jpg
下の娘が言うには、今回の旅行で一番楽しかったのはKATSUさんちでの山羊の散歩だったそうです・・・

北竜ひまわりの里
himawari2.jpg
私たちが来る一週前に風太さんがひまわり狙いで北海道に来ていたらしいのですが、花はまだだし悪天候続きだしで早々に東北へ撤退したとのこと。満開で晴れてしまってスミマセン(笑)
himawari.jpg
むさくるしいほどのひまわり・・・

北竜のあとは深川のトトロ峠経由で
totoro.jpg

廃業テーマパークの残骸を公園にしているカナディアンワールド公園
canadian.jpg
夏休みとは言え平日なので、お客はほぼゼロです。建物は危険が無い程度に整備されていますが基本は放置(笑)

green.jpg
赤毛のアンの家である「グリーンゲーブルス」だけは中もちゃんとキレイにしてありました。

canadian_annn.jpg
売店には、なんとテーマパーク営業時のお土産がまだ売られていました!(在庫限りだそうです(笑))

北海道のこのテのテーマパークはグリュック王国も廃業(立入禁止)だし、全滅ですか? でもシロウト目にも「この場所で営業が成り立つとは思えない」のですが・・・どういうビジネスプランだったのでしょう。


8月9日木曜日 札幌→小樽→カムイ岬→羊蹄山→支笏湖→千歳→羽田→自宅
道東から移動してきて、旭川〜札幌エリアに来ると、ホント車と信号多くてイヤになります。
この日も札幌から小樽まで一時間以上かかってしまいました。

hitsujigaoka.jpg
羊の見える丘公園・・・じゃなくて羊が丘公園。

cra.jpg
ここも子連れだからこそ来る場所の一つですな。有名だけど、来たのは初めてです。クラーク博士の正面はみんなみたことあると思うので、背中から。

kamui.jpg
午後1時半に小樽にいて、今日東京に帰るのに積丹半島まわろうというのは少々強行軍ではありましたが、沿線では「海水浴」ということが行われており(晴れてはいるけど気温23℃)、雑貨屋の軒先に浮輪とかシュノーケルが売られているというのを知ることが出来ました。北海道でも泳ぎを楽しむ文化があるのか!? いや、単にウニを取る文化があるだけかも(笑)

yotei.jpg
カムイ岬に続いて羊蹄山も思いっきり逆光で・・・次回は午前中にまわるようにしましょう。

千歳空港には19:30と充分に余裕をもって到着できましたが、夕飯食べたらもう売店はほぼ全部閉店でした。札幌でお土産は買ってあったので良かったですが、チト危なかった。夕飯は札幌で名物化している「スープカレー」を食べました。おいしかったのですが「これってカレーラーメンのスープだよねー」というのが第一印象(笑)


さて、羽田では、最後の「後処理」が待ち構えていました。
実は、出発日に空港のP3かP4に入れるつもりで車で行ったら「満車」で、仕方なく京急の穴守稲荷駅近くの100円Pにつっこんでおいたのです。

イヤな予感はしたのですが、その駐車場へ行くと車にはこんな張り紙が・・・
keikoku.jpg

時間は24時近く。果たして車は出庫デキルノカ!?
待て次号!!
posted by Jinjin at 2012年08月12日_15:16 | Comment(1) | 小ネタ
次号は、お盆で一週遅れ?(^_^;)
Posted by 和琴のおっと at 2012年08月17日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: